緊急保障制度金融機関貸し渋りで、資金調達できない中企業が殺到

平成20年10月1日からはじまった緊急保障制度、もともと原材料高騰による対策という名目で始まりましたが、世界的な金融危機で、日本も影響を受け、日本の銀行も自己資本比率の低下から、貸し出しを渋ることが多くなりました。

そのため資金をちょぅたつできない中小企業のための緊急避難的な融資として活用されています。

平成21年2月末時点までで、商工組合中央金庫の融資した案件は、3,330件に登り、その金額は、1,882億円にもなっているようです。

まだまだ融資を必要としている事業者は後を絶たないようですし、こんごさらに景気低迷が長引けば、もっとすごいことになるのでしょう。

これで心配なのが区湖に融資の焦げ付きなどですね・・・

緊急保障制度金融機関貸し渋りで、資金調達できない中企業が殺到関連ページ

商工組合中央金庫の再チャレンジ貸付
資金の調達に役立つ情報をまとめています。色々な資金を必要とするときのために、色々な角度から調達方法を考えます。カードローンやキャッシング、公的融資などあらゆるお金の借りられるところを考えていきます。