返済猶予法やら緊急保証制度やらセーフティネット貸付延長やら

いいか悪いかはべつとして、モラトリアム法案・・・いわいる借金棒引きってはなしは、だいぶ骨抜きになって、無難な具合におちついたような感じでしたね。

法案がとおってからは、なんだかあまり話題になりませんね。

結局、まだ危惧された自体はおきてないということか・・・ほとんど使い勝手がわるくて、使えないとか・・・薬にたたないものなのでしょうかね。

まっまだ、これからかもしませんが。

金融機関が強制的に借金返済を猶予するというものではなく・・・

すでに、たいていの金融機関がおこなっていると思われる、貸し付け条件変更の申し出に金融機関が可能な限り応じるというむものなので、あまり英きょぅはなかったのでしょうかね。

住宅ローン返済に苦しんでいる人たちはおおいようですが・・・

1〜2年返済猶予になっても、この景気じゃあまりよいことはなさそうですしね。

事業ローンを組んでいるひとも、仕事が入ってこないならば、返済を少しゆうよしたところで、金利が増えるだけ、たんなる延命にしかならないわけですし・・・

猶予した間に、経済状況をよくするものをうちださないと意味がなさそうです。

ちなみに、総枠30兆円の「緊急保証制度」を6兆円上乗せし、「景気対応緊急保証制度」にするとか、「セーフティネット貸付」も1年延長し、4兆円追加して16兆にするとか、

融資をする、お金を貸すということについては、色々でてきましたね。

景気回復が長引けば、いくら貸し付けられてもね・・・

返済猶予法やら緊急保証制度やらセーフティネット貸付延長やら関連ページ

中小企業基盤整備機構
資金の調達に役立つ情報をまとめています。色々な資金を必要とするときのために、色々な角度から調達方法を考えます。カードローンやキャッシング、公的融資などあらゆるお金の借りられるところを考えていきます。