事業資金への貸金業法改正の影響

貸金業法の改正で、年収の3分の1間でしか、借りられなくなりました。いわいる総量規制というやつです。

困るのは、生活費の不足などにネットキッシングとか、無利息キッシングなどべんりな金融に手を出して、借金を重ねてしまっている、人たちであって、

一見すると、事業者は、国や銀行の事業融資を受けているわけで、あまり関係がないようににも見えますが・・・

中小企業などでは、日々のつなぎ融資などは、高利でも仕方なく、一般貸金業者からビジネスローンや商工ローンといった形で事業融資を受けている事か多いので、結構影響が大きいのでは無いかと思います。

返済のための借り換えや事業資金なと゜については、申請によるなんらかの措置が執られるようですので、あきらめずに、相談してみるといいでしょう。

また景気対策として、公庫では返済緩和策や貸し出し金利のディスカウントとか、色々ありますので、商工会議所で相談をするようにしましょう。

やっぱり公庫で借りるのが一番有利ですからね。今まで公庫で借りられなかった人は、専門家のノウハウとサポートを安く受ける方法があります

事業資金への貸金業法改正の影響関連ページ

農業資金なら無利息の融資もある。
資金の調達に役立つ情報をまとめています。色々な資金を必要とするときのために、色々な角度から調達方法を考えます。カードローンやキャッシング、公的融資などあらゆるお金の借りられるところを考えていきます。
住宅ローンのくみどきか?
資金の調達に役立つ情報をまとめています。色々な資金を必要とするときのために、色々な角度から調達方法を考えます。カードローンやキャッシング、公的融資などあらゆるお金の借りられるところを考えていきます。