国の事業ローン

国民生活金融公庫は広く国民のための融資を行っていますが、事業資金についても低利で事業ローンを組むことができますので、有利です。

 

特に国民生活金融公庫の普通貸し付は明確な融資目的の定めがなく原則としてどのような利用目的でも理由できるので、使い勝手の良い事業資金となります。

 

普通貸し付の最大融資額は4,800万円で、運転資金としても設備資金も使用できます。

 

但し事業資金の目的によって、返済の条件は異なります。
運転資金として事業資金融資をうける場合は、返済期間は5年以内(返済までの据置期間は1年)となります。

 

設備資金として融資を受ける場合は10年以内(返済までの据置期間は2年となります。

 

融資の利率は年1%台の後半と低利での事業ローンが組めます。窓口に行って書類をもらうことと、相談してみることが第一歩です。

 

各地の商工組合でも申込や相談ができますので、とりあえず出向いてみるといいでしょう。

民間のビジネスローン利用はどうか

今、この不景気でどこの会社も経営が悪化してきていますね。そのためのつなぎ融資として銀行や政府関係の金融機関に申し出しても、貸し渋りがあるなど問題になってきています。

 

だからといって簡単に融資してくれる民間のビジネスローンを利用するのはどうかと思います。やはり銀行や政府関係の金融機関に比べて非常に高金利ですし、返済も経営の状態が悪いからといって待ってはくれません。

 

ビジネスローンを利用したが為に更に経営悪化を招く可能性もあります。貸し渋りが問題になっていますがその辺は粘り強く銀行や政府関係の金融機関を利用した方がいいと思います。

 

どうしてもビジネスローンを利用しなければならない状態ならばせめて優良な会社を見つけましょう。事実、信頼できる会社もたくさん存在しています。

即日資金が必要な場合

脱毛

銀行や公的機関の事業融資は、審査時間が結構かかります。

 

時間が無い場合は、ビジネスローン即日審査融資可能な、始業資金専門貸付の業者の方が早いです。

 

金利は安くはありませんが、銀行のカードローンタイプのビジネスローンとあまり金利は変わりません。

 

急いでいる時は、こちらに相談した方が可能性は高いでしょう。

 

ただし返済できるまっていたうまれてきてくれて力が無いのであれば、融資を受けても破綻することになりますので慎重に検討すべきではありますね。

 

それでも審査に通らないような場合は、ファクタリングという売掛債権を買い取ってもらう世えがおなごやし方法での資金の調達も視野に入れるといいでしょう。